サクサク繋がる喜び実感|インターネットの引っ越し作業を行なおう

快適なファイル転送を実現

ファイルデータ

企業において、電子メールの活用というのはコミュニケーションにおいても情報共有においても多く利用されてきた手段です。しかし、その電子メールも今や過去の産物となりつつあります。その理由として、電子メールが抱える課題があげられます。その課題の一つとして、データファイルの転送に関するものがあります。電子メールによるデータファイル転送容量というのは、基本的に2MBといったボーダーラインがあります。これは、ビジネスメールのマナーとしても広く知られていることでもあり、これ以上大きな容量のデータファイルを転送した際には受信側に迷惑が掛かってしまうのです。その迷惑というのは、相手側にメール自体が届かないか、届いたとしても添付されたデータファイルのダウンロードに時間が掛かってしまうといったものになります。つまり、企業において大容量のデータファイル転送を行う手段というのは難しいものとなるのです。
企業のそういったデータファイル転送の課題を解決するものとして、ファイル転送サービスと呼ばれるものが注目を集めています。ファイル転送サービスというのは、転送するデータファイルを一旦オンラインストレージ上に保存し、そのデータファイルが格納されたURLを相手先に送るといった転送手段です。受信先は、そのURLを開くことでデータファイルをダウンロードすることが可能です。このデータファイル転送手段であれば、GB単位の大容量データファイルであっても転送することができ、受信側も快適にダウンロードすることができるのです。